Column

コラム

  • ホーム
  • コラム
  • 【日本酒ひやおろしとは?秋の限定酒の魅力を徹底解説!】
2024.06.28

【日本酒ひやおろしとは?秋の限定酒の魅力を徹底解説!】

「ひやおろし」という言葉を聞いたことはありますか?秋にでる日本酒というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

今回はその「ひやおろし」についてご説明いたします。

目次

1.はじめに

2.ひやおろしの製造過程

3.ひやおろしの特徴と魅力

4.ひやおろしの楽しみ方

5.ひやおろしの選び方とおすすめ銘柄

6.まとめ

1.はじめに

 秋になると日本酒ファンの間で話題になる「ひやおろし」。漢字で表すと「冷や卸し」となります。ひやおろしとは、日本酒の一種で、春に仕込まれた新酒を一度火入れ(加熱処理)し、夏の間に熟成させた後、秋に出荷されるものを指します。ひやおろしは、秋限定の日本酒として、その特別な風味と香りが魅力です。この限定酒は、日本の四季を感じながら楽しむことができ、多くの日本酒愛好者に愛されています。

余談ですが、「秋上がり」という言葉を使ったお酒も秋に目にする機会が増えますが、秋上がりは「秋」になって熟成して美味しく仕「上がった」お酒のことを指します。

もともとの意味は厳密にいえば違いますが、近年では「ひやおろし」と「秋上がり」は同一のものとして扱われていることが多いです。

2.ひやおろしの製造過程

 ひやおろしの製造過程は、春に始まります。まず、米と水を原料に酒母を作り、その後、醪(もろみ)を発酵させます。醪が発酵し終わった段階で、酒は一度火入れされ、これにより酵素の失活と微生物の活動が停止し、安定した品質が保たれます。その後、酒は夏の間にタンクで熟成され、秋になると再び冷やされた状態で瓶詰めされ、市場に出荷されます。 この長い熟成期間が、ひやおろし独特のまろやかで深い味わいを生み出します。

3.ひやおろしの特徴と魅力

 ひやおろしの最大の魅力は、その風味と香りにあります。春に仕込まれた新酒が夏の間に熟成されることで、酒はまろやかでコクのある味わいになります。さらに、火入れによって雑菌が殺菌されるため、クリアな風味が保たれます。他の日本酒に比べて、ひやおろしはフルーティーな香りと豊かな旨味が特徴で、秋の味覚と相性抜群です。 

4.ひやおろしの楽しみ方

 ひやおろしを楽しむためには、適切な温度で提供することが重要です。一般的に、ひやおろしは冷やして飲むのが最も美味しいとされていますが、常温やぬる燗でも楽しむことができます。また、グラスの選び方も重要で、香りを楽しむためにはワイングラスが最適です。ひやおろしは、和食はもちろん、洋食とも相性が良く、さまざまな料理と一緒に楽しむことができます。

5.ひやおろしの選び方とおすすめ銘柄

 ひやおろしを選ぶ際のポイントは、ラベルや蔵元の情報を確認することです。品質の高いひやおろしは、熟成期間や火入れの方法などが丁寧に記載されています。また、自分の好みの風味や香りに合った銘柄を選ぶことも大切です。おすすめの銘柄としては、「飛露喜(ひろき)」、「十四代(じゅうよんだい)」、「獺祭(だっさい)」など、そして「美酒爛漫(びしゅらんまん)」が挙げられます。これらの銘柄は、ひやおろしの魅力を存分に楽しむことができる逸品です。

6.まとめ

 ひやおろしは、春に仕込まれた新酒を一度火入れし、夏の間に熟成させた後、秋に出荷される特別な日本酒です。この季節限定酒は、深い風味と豊かな香りが特徴で、多くの日本酒愛好者に愛されています。ひやおろしを楽しむためには、適切な温度とグラスの選び方が重要です。また、品質の高い銘柄を選ぶことで、より一層その魅力を堪能することができます。ぜひ、秋のひやおろしを味わいながら、日本の四季を感じてみてください。